無添加煮干

無添加煮干

1件中 1-1件表示

無添加煮干 150g

商品ID: 31091
販売価格 ¥ 777 税込
150gパック(21cm×30cm)
在庫切れ

 

数量が限定されていますので
誠に申し訳ございませんが、

お一人様(一世帯様)あたり6ケまで

のご注文とさせていただきます。

あと135袋で売り切れです。
今すぐお申し込みください。

今回、入荷量が予定の半分だったので、
良品があれば12月中に、早ければ来週中頃に、
もう一度販売をするつもりです。

ですので、今回の煮干は
12月21日以降の発送は出来ませんので、
その点、ご留意の上、ご注文ください。

 

詳細を見る
*カゴへ入れた後に、ご希望の購入数量に変更してください。
1件中 1-1件表示

なお、ホームページ上では在庫管理を行っておりませんので
「買い物かご」で注文が出来てもすでに売り切れ
という場合もございますので 予めご了承ください。

商 品 名 無添加煮干
原 材 料 片口鰯
賞味期間 6ヶ月
保存方法 開封前は常温、開封後は冷凍庫・冷蔵庫保管
備 考 本品袋詰め作業場では、小麦、そばを含む製品(乾麺のうどんと蕎麦)の袋詰めもしています

出来たてのホヤホヤの無添加煮干をお届けします

12月5日、伊万里湾で獲れた片口イワシを原魚に松浦の製造家が作った体長5㎝~6㎝の白口煮干です。

 

 

推定製造日:12月5日


入 札 日:12月7日


入 荷 日:12月9日


酸化停止日:12月10日

長崎県漁連指定買受人の藤原さんのコメント


   12月に入り長崎はようやく水揚げ数量が増えてきましたが、
   北部はまだ小さく南部は藻をよく食べて真っ黄色な魚
   が主体という状況で、伊万里湾も皮が厚くお腹が
   オレンジ色の6-7㎝ばかりでした。
   
   土曜日にようやく皮が程よくついて質の良い6㎝サイズが
   出てきましたが、多くの商社が待ちわびていた事もあり
   予想以上の高値となりました。
   本当は2口で6ケース買う予定が、1口は他社に
   取られてしまい3ケースだけとなりました。
   来週、良品があれば、もう3ケースお届けします。
   
   今月の煮干は、冬物特有のしっかりした食感と
   深い旨みの煮干です。
   もう少し大きくなれば銀ダレになる煮干
   今年の無添加煮干では一番の上物です。

 

 『銀ダレ』とは・・・

 

 毎年11月にほんの少しだけ出来上がる、箔のような銀色の皮が
 キレイに残っている煮干。

 一緒に使う他の素材の持ち味を生かしながらも、
 煮干のしっかりしたダシの味を感じさせる、優れモノの煮干です。

 

(普通の煮干は往々にして、他の素材の良さを打ち負かしてしまいます)

 

 完全な銀ダレは極めて稀少で、桐箱入りの贈答品となるか、

 高級料亭に納品されてしまうので、一般の小売店さんには出まわらない。

 

 最高のカタクチイワシだけが『銀ダレ』に仕上がります。

 いわば、長崎産煮干の最高峰が『銀ダレ』なのです。

 

12月9日(月曜日)8時35分

今月も無事に到着
ただ、残念ながら3ケースだけなんです

段ボールを開けると、キラキラした
煮干が目に飛び込んできた

確かに、銀ダレ予備軍であります

一尾口に入れると
ほどよい噛み応えがあり
味もしっかりしています

朝からビールが飲みたくなっちまった
(もちろん飲んでませんが)

で、今月も、瞬く間に10尾ほど食べてしまった

 

さて例によって、ダシの味見。

 

「頭とハラワタを取った煮干」と
「頭とハラワタをそのままにした煮干」    

それぞれ一晩水に漬け、ダシをとりました。

 

まずは「頭とハラワタをそのままにした煮干」のダシ

いつもの様に、スッキリさわやかにして
あまーい煮干出汁の味がする

 

次に「頭とハラワタを取った煮干」のダシ

口に入れた瞬間、「味、薄い」
と思ったけれど

しばらく口に含んでいると
甘くて上品な味が舌に伝わってきた
でも、やっぱり薄めのダシであります

この煮干、ダシを取るなら
そのままで使う事をオススメします。

 

今回、入荷量が予定の半分だったので、
良品があれば12月中に、早ければ来週中頃に、
もう一度販売をするつもりです。

ですので、今回の煮干は
12月21日以降の発送は出来ませんので、
その点、ご留意の上、ご注文ください。

 

 

>> なんで出来たてのホヤホヤじゃなきゃダメなの?

長崎県漁連指定買受人の藤原さんとの連係プレーで、
製造後、2週間以内の無添加煮干を手に入れて、お届けします

煮干の生産量日本一を誇る長崎県では、製造された煮干の大半は長崎県漁連の主催する入札会に出品されます。
そして、その入札会への参加が許されているのが「長崎県漁連指定買受人」。

全国でたった21人しかいない指定買受人の一人が藤原さんです。

藤原さんと伏高の連携プレーとは・・・

  • 販売予定日の10日ほど前から、藤原さんに仕入れをお願いします
    具体的には・・・
  • 製造された翌日、または翌々日に入札会に出品される無添加の煮干、藤原さんに、その中でも脂肪分が少ない煮干を落札して頂きます
  • その日のうちに東京まで発送してもらえば、翌々日には伏高に到着
  • すぐに脱酸素剤でパックをすれば、翌日には煮干は無酸素状態になるので、
    そこで酸化は完全に止まります
  • 製造後、一週間で酸化を完全に止めた無添加の煮干の出来上がり
  • かくして、製造後、最長二週間・最短一週間で無添加、
    そして、 酸化の進行がすでに止まっている煮干の販売となる次第です

毎月第三金曜日『 出来たてのホヤホヤの無添加煮干 』 の販売を予定していますが・・・良質(脂肪分が少ない)の煮干(たとえ無添加でも) が手に入らないと仕入れを見合わせますので、年に4~5回だけのご案内となりそうです。


無添加煮干入荷のお知らせメールを差し上げます

無添加煮干の入荷状況、 食材にまつわる面白いお話、など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。 メール配信をお許しくださる方は、下記のページよりメールアドレスをご登録ください。
>> メルマガ登録はこちら

類似商品のごあんない

上へ戻る
    
カゴへ