無添加煮干

無添加煮干

1件中 1-1件表示

無添加煮干 150g

商品ID: 31091
販売価格 ¥ 691 税込
150gパック(21cm×30cm)
在庫切れ
ごめんなさい、売り切れました。次回7月17日の販売予定です、漁次第ですが・・・
詳細を見る
*カゴへ入れた後に、ご希望の購入数量に変更してください。
1件中 1-1件表示

なお、ホームページ上では在庫管理を行っておりませんので
「買い物かご」で注文が出来てもすでに売り切れ
という場合もございますので 予めご了承ください。

商 品 名 無添加煮干
原 材 料 片口鰯
賞味期間 6ヶ月
保存方法 開封前は常温、開封後は冷凍庫・冷蔵庫保管
備 考 本品袋詰め作業場では、小麦、そばを含む製品(乾麺のうどんと蕎麦)の袋詰めもしています

出来たてのホヤホヤの無添加煮干をお届けします

6月2日、伊万里湾で獲れた片口イワシを原魚に福島の製造家が作った体長5㎝~6㎝の白口煮干です。

 

 

推定製造日:6月2日


入 札 日:6月4日


入 荷 日:6月6日


酸化停止日:6月7日

長崎県漁連指定買受人の藤原さんのコメント


   長崎は昨年の記録的な不漁から
   V字回復を思わせる堅調な漁獲が
   連休後から始まりました。
   
   伊万里湾は脂が抜けてきて、
   見てくれの良い5~6㎝サイズが
   増えてきておりますが、やや皮が
   多いのが気になるところでした。
   
   が、4日の入札に、伊万里湾の福島に
   皮が程よく薄くついた軽い魚が出て
   いたので適正な値で落札出来ました。
   
   正直、秋の魚に比べて味が浅く、
   また夏のサクサクした食感にも
   至っておりませんで常連さんには少し
   物足りないかも知れません。
   
   魚質自体は大変上質で水分を良く
   吸いますので、佃煮や甘露煮などの
   調理用にうってつけかと思います。
   
   出汁はいつもよりかなり多めに使って
   ようやくマイルド風味かと思います。

 

6月6日(土曜日)8時50分

半年ぶりの無添加煮干が到着
月夜間(満月)の休漁の関係で
6月の第2週は期待出来ないんで
ちょっと早いのですが
6日到着になった次第です

早速、段ボールを開けて
半年ぶりに長崎の煮干に再会

一尾手に取り、口に入れると・・・

しっかりした煮干の味が
絶妙な塩加減と相まって
旨いの旨くないの

瞬く間に、十尾以上食べてしまった

藤原さん的には、味はイマイチ薄い
とのことですが、なかなかどうして
私的には、バッチリ煮干の味がする。

この時期の煮干、例年は
サクサクした食感なんですが
今回のは、違う

秋口の煮干のように柔らかい

スナック感覚ではないけれど
コレはコレで、食べて旨い

毎回書くようで恥ずかしいのですが
ビールが飲みたくなる煮干です。

 

さて例によって、ダシの味見。

 

「頭とハラワタを取った煮干」と
「頭とハラワタをそのままにした煮干」    

それぞれ一晩水に漬け、ダシをとりました。

まずはの「頭とハラワタを取った煮干」のダシ

口に入れると、甘みのある
長崎煮干の味がじわーっと口中に広がります。

当然、雑味はまったくない

藤原さんは「ダシの味が薄いかも」って
言ってたけど、頭とハラワタとっても
これだけの味が出れば、十分満足であります。

 

次に「頭とハラワタをそのままにした煮干」のダシ

こちらは、口に入れた瞬間
いつもの無添加煮干の味がガツンと襲ってきた。

「煮干ダシの味はかくあるべし」
まさに、そんな味の煮干です。

この煮干、煮干ファンの方は、そのままで

そして

煮干ダシがちょっと苦手な方でも
頭とハラワタ を取ってダシをとれば
煮干ダシが好きになるかも

 

なお、次回7月17日を予定しております。

 

もちろん漁次第なんですが・・・

 

 

 

>> なんで出来たてのホヤホヤじゃなきゃダメなの?

長崎県漁連指定買受人の藤原さんとの連係プレーで、
製造後、2週間以内の無添加煮干を手に入れて、お届けします

煮干の生産量日本一を誇る長崎県では、製造された煮干の大半は長崎県漁連の主催する入札会に出品されます。
そして、その入札会への参加が許されているのが「長崎県漁連指定買受人」。

全国でたった21人しかいない指定買受人の一人が藤原さんです。

藤原さんと伏高の連携プレーとは・・・

  • 販売予定日の10日ほど前から、藤原さんに仕入れをお願いします
    具体的には・・・
  • 製造された翌日、または翌々日に入札会に出品される無添加の煮干、藤原さんに、その中でも脂肪分が少ない煮干を落札して頂きます
  • その日のうちに東京まで発送してもらえば、翌々日には伏高に到着
  • すぐに脱酸素剤でパックをすれば、翌日には煮干は無酸素状態になるので、
    そこで酸化は完全に止まります
  • 製造後、一週間で酸化を完全に止めた無添加の煮干の出来上がり
  • かくして、製造後、最長二週間・最短一週間で無添加、
    そして、 酸化の進行がすでに止まっている煮干の販売となる次第です

毎月第三金曜日『 出来たてのホヤホヤの無添加煮干 』 の販売を予定していますが・・・良質(脂肪分が少ない)の煮干(たとえ無添加でも) が手に入らないと仕入れを見合わせますので、年に4~5回だけのご案内となりそうです。


無添加煮干入荷のお知らせメールを差し上げます

無添加煮干の入荷状況、 食材にまつわる面白いお話、など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。 メール配信をお許しくださる方は、下記のページよりメールアドレスをご登録ください。
>> メルマガ登録はこちら

店頭

「伏高」は、大正7年に祖父が日本橋の魚河岸で創業しました。
関東大震災の後、魚河岸と一緒に築地に移転して以来
飲食店様への海のだしの卸売りを生業としています。

厳しいプロのお客様にご満足していただける
高品質の素材を目利きする力、集める力が
あってこそ、長年、市場で商売が続けられたのだと思います。


プロ顧客に鍛えられた100年以上歴史が、 品質の証です。

私が選んだ海のだしをお試しください。

あなた様の想像を超える新しい感動が味わえます。

 

追伸:

「そんな事を言ったって、本当に美味しいの???」
と思われているかもしれません

確かに、味の好みは十人十色
お口に合わない可能性もあります。

そんな心配をされている方に申し上げます。
弊店の選んだ「海のだし」をお試しいただき、
美味しくないと感じたり、期待ハズレでがっかりしたら、
お代は頂戴いたしません。

ご返品いただければ、返金いたします。
ただし、商品到着後、10日間以内に弊店までご連絡ください。
約束は守ります。くわしくはこちらをご覧ください。

類似商品のごあんない

上へ戻る
    
カゴへ