濃醇だしを使ったレシピ

 

 

もし、味噌汁のレシピ動画をご覧になって、「確かに簡単で美味しそうだけど・・・材料代がお高いんじゃないの?」と思われたら、「実は経済的!」の動画をご覧ください。

 

濃醇だしを初めてお使いになる方へ

濃醇だしは、水で希釈していただくだけで、
伝統的なダシ素材ならではの、
優しい味わいのダシができあがります。
希釈率は15倍(本品1:水14)です。

総量300mlのダシ汁を作るためには、
濃醇だし20ml(=300/15)+
水280ml(=300-20)になります。

450mlなら、濃醇だし30ml+水420mlです。

濃醇だしの開発中、試作品が出来ると、
計量カップを使って濃醇だしと水を
計量し希釈をしていました

私が不器用だからでしょう、
毎回、希釈度合いにバラツキが生じ、
味比べに不安が残ってしまいました。

ある日、「デジタル秤で目方を計る」
ことを思い立ち、以来、実践しております。

実際、濃醇だし20g+水280gにて
味見をした結果、最終的なレシピを決めました。

そこでお願いです。

出来れば一度、デジタル秤を使って
重量ベースの15倍希釈
で味見して下さい。

例えば  濃醇だし  20g
     水    280g

これで、15倍希釈になります。

実は、この希釈方法で味見をした結果で
濃醇だしのレシピを決定しました。

ですから、出来れば、濃醇だしを
使い始める際は、一度、きちんと計量

(20g+280gでも
 30g+420gでも
 50g+700gでも)

をしていただき

伏高が設計した希釈後の濃醇だしの味を
ご確認の後に、好みや用途に応じて
希釈率をアレンジしてください。

 

計量スプーンと計量カップをお使いの場合は

濃醇だし 大さじ1 + 水 1カップ

で、おおよそ15倍希釈(正確には14.33倍)

濃醇だし 大さじ1と2/3 + 水 1と3/4カップ

で、丁度、15倍希釈

濃醇だし 大さじ1と小さじ1 + 水 2と1/2カップ

で、おおよそ15倍希釈(正確には15.28倍)になります。

 

 
2021年6月 濃醇だしで簡単味噌汁
 
2021年6月 濃醇だしで簡単かき玉汁
 
2021年7月 茄子とささみの冷やしうどん
 
2021年7月 簡単!濃醇だしの塩味の親子丼
 
2021年8月 濃醇だしと夏の薬味の冷や汁
 
2021年8月 濃醇だしの冷製コーンスープ
 
2021年9月 濃醇だしで野菜たっぷり鶏肉の南蛮漬け
 
2021年9月 濃醇だしで塩肉じゃが
 
2021年10月 きのこの和風マリネ
 
2021年10月 秋なすの揚げ浸し2種~鰹と豚肉団子~
 
2021年11月 鶏手羽と冬瓜の濃醇出汁スープ
 
2021年11月 牡蠣と白菜の卵とじ
 
2021年12月 ツナみそのふろふき大根
 
2021年12月 濃醇だしで簡単雑煮
 
2022年1月 濃醇だしでトマトの炊き込みごはん
 
2022年1月 濃醇だしで鶏手羽入りおでん
 
2022年2月 白菜とベーコンの簡単ミルクスープ
 
2022年2月 帆立となめこのおろし汁
 
2022年2月 浸し豆 by WRさま
 
2022年2月 3分でお味噌汁はできるのか!?
 
2022年2月 生地無しでヘルシー野菜たっぷりキッシュ  by げんたま さま
 
2022年2月 蛤のお吸物
 
2022年3月 芽キャベツと鶏むね肉の出汁煮
 
2022年3月 オーブンで簡単!白唐揚げ  by えびっこ さま
 
2022年3月 和風にんじんドレッシング
 
2022年3月 だし巻き玉子
 
2022年4月 土佐酢~焼き鮭とトマトの土佐酢和え
 
2022年4月 濃醇だしのクリームディップソース
 
2022年5月 胡麻だれ~厚揚げの胡麻だれ和え
 
2022年5月 濃醇だしのジュレ
 
2022年5月 茶碗蒸し
 
2022年6月 簡単!塩麹入りトマトと卵のスープ
 
2022年6月 濃醇だしで作る「かけダレ」
 

 

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

※全て入力必須項目となっております

配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください

海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求
上へ戻る