まっとうな食材で豊かなくらし 伏高
  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック

初回限定 海のだしお試しセット

だしの取り方

大正7年創業築地から真っ当な食材を食卓へ

職人が丁寧に仕上げた、まがい物ではない、昔ながらの「真っ当な食材」を一人でも多くの方に味わって頂きたい、伏高はそのように考えています。

初めてご来店の方へ

お知らせ

お客様の声

お客様の声1

小野寺明子さん、御主人

子どもが大きくなったときに
「かあちゃんのご飯が一番おいしい」
って言われたいんです

小野寺さんご一家は、ご主人、明子さん、晴くんの三人家族。真っ当な食を求めるようになった経緯など、お話しをうかがってまいりました。

お客様の声2

料理屋なかむら 中村康治さん
※外部サイトへリンクします

だしに投資すれば料理全体の底上げに

神奈川県 相模原市の和食店 「料理屋 なかむら」の店長、中村康治氏に、「ダシを良くすることが、なぜリピート顧客の獲得につながるのか」について詳しく聞きました。

お客様の声3

小野寺彩子さん、寛晃さん

料理の超初心者だった妻が、今では友達から「料理上手」とホメられてます

東京都世田谷区にお住まいの小野寺さんご夫婦。料理をほとんどしたことがなかった彩子さん、いったいどのように料理上手になったんでしょうか?お話しをうかがいました。

お客様の声4

料理教室代表 福島利香さん
講師 村尾まりこさん

伏高のダシは赤ちゃんもごくごく飲むので驚きです

若い母親に「食の大切さ」を伝える活動、フロムキッチン。代表を務める福島利香さんと講師の村尾まりこさんにお話しをうかがいました。

お客様の声3

大久保直美さん

鰹節を削ると、気持ちがほっとします

いつも鰹節は自分で削るという大久保さん。なんでそんなに楽しそう?大久保さん流和食の楽しみ方を聞いてきました。

お客様の声4

「銀座ひかり」料理長
阿部哲哉さん

※外部サイトへリンクします

それを使えば味が決まる。当たりがつく。

魚料理が強みの創作和食店「銀座ひかり」料理長の阿部さん。伏高から削りを仕入れるわけをうかがいました。

お客様の声5

加藤あけみさん

質のいいダシを使えば、下手な小細工はいりません

都内で農園を営む加藤さん。自然食品の事業もされており、食へのこだわりは本物。そのおいしい料理を頂戴してきました。

お客様の声3

佐々木ひろこさん

和洋中のなかで和食のダシが一番簡単

フードライターとして活躍中の佐々木さん。様々な食と関わる中で和食の素晴らしさを再発見。その理由を詳しく聞いてきました。

お客様の声4

横浜「馬酔木」店長
須藤敏夫さん

※外部サイトへリンクします

質の良いダシを安定して仕入れたい

横浜のとんかつ店「馬酔木」の店長須藤さん。こだわり店長の伏高への評価を、恐る恐るうかがってきました。

伏高コラム/レシピ

レシピ集
レシピ集 真っ当な食材をつかった旨い料理がたくさん登場します。
伏高がすすめるだしの取り方
伏高がすすめるだしの取り方

鰹節、昆布、煮干しの素材の味がわかるだしの取り方をご紹介します。

聴きだしの会
聴きだしの会伏高の鰹節をお客様に「利きだし」していただき、率直なご感想を語り合っていただきます。
鰹節屋のつぶやき
鰹節屋のつぶやき あなたも、これを読めば「海のだし」通になれます。
鰹節屋の昔話
鰹節屋の昔話 二代目店主 中野英二郎が語る四方山話。
築地の風景
築地の風景 築地本店店長、黒川春男が築地や食に関することをつづっています。
工場長の独り言
工場長の独り言 削節工場長、荒川晶充が築地で感じたちょっとしたことを呟きます。
鰹節削り方講習会
鰹節削り方講習会鰹節の持ち方から刃の合わせ方まで、築地の店舗で無料にてマンツーマンで指導します。
放射能の影響について
放射能の影響について 弊店で販売している食品は安全です。詳細な製造状況などご説明いたします。
鰹節削り方講習会
聴だしの会 店頭編築地の店頭で毎朝行っている削節の品質チェック (利きダシ)を一緒にやってみませんか