海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

鶏きのこせいろ

 

 

鶏きのこせいろ

(2017年9月8日)

 

日中暑くても朝夕はめっきり涼しくなってきましたね。そんな時ちょっと温かいものが食べたくなりませんか?

私は突然鴨せいろが食べたくなることがあるのですが、冷蔵庫に鴨肉がいつもあるわけではなく、よくこれを作ります。

そしていつも、どうしてせいろって名前がつくのかな・・・って考えながら食べています。

 

 

材料

(2人前)

 

材料
鶏もも肉 ・・・  50g
長ねぎ ・・・  1/2本
舞茸 ・・・  少々
椎茸 ・・・  1枚
ぶなしめじ ・・・  少々
本がえし ・・・  50cc
厚削り出汁 ・・・  200cc
乾麺 ・・・  1袋
山椒 ・・・  適宜

 

 

作り方

 

まずは厚削りで出汁をとります。

 

出汁の材料

 ・・・  7カップ
昆布 ・・・  はがき大(10g)
鰹節厚削り ・・・  200cc


鍋に昆布
1.

鍋に水と乾いたふきんで汚れさっとを拭いた昆布をいれ、できれば一晩、時間がなければ30分ほど置いておく。 





煮出す
2.

鍋に厚削り節を加えて火にかけ沸騰直前で昆布を取り出し、火を弱めコトコト40分煮だす。





出汁完成
3.

バスケットを引き上げて汁気を絞る。





では、この出汁を使って鶏きのこせいろを作っていきます。

 

 

鶏肉
1.

鶏肉は一口大のそぎ切りにする。





長ねぎ
2.

長ねぎは斜め切りする。





きのこ類
3.

舞茸は食べやすい大きさの薄切り、椎茸は軸をはずし薄切り、しめじは石づきを切り落として小房に分ける。 





茹でる
4.

大き目の鍋にたっぷりの湯を沸かし表示に従って麺をゆでる。





つけ汁
5.

麺をゆでている間に小鍋に本返しと出汁を入れて火にかけ、沸騰したら鶏肉、長ネギ、きのこ類を入れ鶏肉に火が通ったら火を止める。 





完成
6.

麺がゆであがったらザルにあげて冷水で洗う、3~4回水を変えながら洗い、しっかり水切りをして器に盛り、熱々のつけ汁とともに粉山椒を添えて供する。



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

※全て入力必須項目となっております

配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください

上へ戻る