海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

冷やしトマトうどん

 

 

冷やしトマトうどん

(2012年6月8日)

 

トマトは真夏! と思っている方が多いと思われますが、アンデス原産のトマトは日中強い日差し浴びて、夜冷え込み、乾燥した気候を好み、高温多湿を嫌うそうです。

 

トマト好きの私は梅雨前のこの時期が一番おいしいと信じています。

 

店頭で赤くおいしそうなトマトを見つけたので、ちょっと目の荒いおろし金で下ろしたところ、おいしいトマトソースになりました。

 

そこでコチュジャンと混ぜたらあっという間に冷やしうどんダレができました。

 

 

材料

(2人前)

 

材料
うどんだれ
コチュジャン ・・・  30g
かつお荒節の粉だし ・・・  小さじ1/3
バルサミコ酢 ・・・  大さじ1
米酢 ・・・  大さじ1
すだち酢 ・・・  大さじ1
砂糖 ・・・  小さじ1
トマト(赤く熟したもの) ・・・  1個
にんにく ・・・  小さじ1/4
しょうが汁 ・・・  大さじ1/2
手延べうどん(細麺) ・・・  1袋
油揚げ ・・・  1/2枚
きゅうり ・・・  1本
ルッコラ ・・・  少々

 

 

作り方

 



トマトをすりおろす
1.

トマトは皮付きのまますりおろす。





大蒜・生姜
2.

にんにく、しょうがは各々すりおろす。





コチュジャン粉だし
3.

ボウルにコチュジャン、鰹粉だしを入れてよく混ぜ合わしておく。





うどんダレ
4.

1のトマト、残りのうどんダレの材料を全部入れて混ぜ合わせる。





油揚
5.

油揚げは軽くあぶって7ミリ幅に切る。





胡瓜
6.

きゅうりは5㎝長さの千切りにする。 





うどん
7.

たっぷりのお湯を沸かしてうどんを茹で、ゆで上がったら流水でさらし、水気をしっかり切る。





完成
8.

器に7のうどんを盛り、4のうどんダレをかけ、油揚げ、きゅうり、ルッコラを飾る。



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

※全て入力必須項目となっております

配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください

上へ戻る