海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

昆布巻

 

 

昆布巻

(2005年12月9日)

 

古き良き日本のセレモニーに再び注目が集まっています。

大切な一年の年の始まりを祝うおせち料理は母から子、

そして孫へとそれぞれの家庭ではぐくまれてきた、ハレの味です。

最近は既製品で済ませる人が増える一方ですが、

全部は無理でも何品かは”我が家の手作り”を加えたいものです。

今回、昆布巻きの中身に若者に人気のツナを使ってみました。

ツナ缶の原材料はまぐろ、昆布との相性は抜群です!

ゆっくり・コトコトお鍋がほほ笑むように煮て、愛情たっぷりの昆布巻きを作ってください。

 

 

材料

(四人前)

 

材料
冬島 日高昆布 ・・・  8枚(約100g)
かんぴょう ・・・  1/2袋(20g)
水煮シーチキン(80g) ・・・  2缶
片栗粉 ・・・  大さじ1
 ・・・  1カップ
砂糖 ・・・  大さじ5
醤油 ・・・  大さじ3

 

 

作り方

 



1. 昆布はぬれぶきんで表面の汚れを軽くふき、カップ5杯くらいの水に10分程つけて戻す。

この戻し汁にはすでに昆布出汁が出ています。うっかり捨てないで下さい。

この戻し汁で昆布巻きを煮ていきます。




2. かんぴょうは水で湿らせ、塩少々でもみ、塩を洗い流して水気を絞り、18㎝位に切る。




3. ツナは缶の汁を切ってボールに入れ、片栗粉大さじ1を加えよく混ぜ合わせ、8等分に分ける。




4. 昆布の片端に3のツナをおき、クルクルと巻いてかんぴょうでしばる。



昆布が柔らかく煮えてくると膨むことを考え、かんぴょうはあまり固くしばらないでください。

昆布の幅が広いときは3箇所しばると形が整います。





5. 平なべに昆布巻きを並べ、1の戻し汁、酒を加えて強火にかける。



煮立ったらアクを取り、落しぶたをして、弱火で1時間30分~2時間、竹串がスッと通る柔らかさになるまで煮る。

昆布には常に煮汁がかかるように、途中差し水を1~2カップして下さい。



6. 砂糖、醤油を加えて約30分煮る。




7. 火から下ろしてそのまま冷やす。冷めたら食べやすい大きさに切り、汁と共に密封容器に入れて保存。

日持ちは冷蔵庫で5~6日が目安です。


 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

※全て入力必須項目となっております

配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください

上へ戻る