鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピレシピ集From Kitchen >茄子とささみの冷やしうどん

茄子とささみの冷やしうどん

(2021年7月2日)

茄子とささみの冷やしうどん

濃醇だしは冷やすと旨味がしっかりつたわります。

最近、あっさりだけど出汁のしっかりとしたこのかけつゆにはまってしまいました。

今日は冷たいおうどんをご紹介します。こしの強い五島の手延饂飩は太麺を使います。

具材の茄子とささみを炒めているのでコクがありお出汁との相性を楽しんでください。

このおつゆのうどんやそうめんに薄味で煮た油あげをきざんんでのせても美味しいです。

材料
(2人前)

材料
~うどんつゆ
濃醇だし  40g(40ml)
 560g(560ml)
 小さじ1/2
淡口醤油  少々
 
茄子  1本
ささみ  1本
炒め油  大さじ2
 少々
五島手延饂飩(太麺)  200g(1人100g)
細ねぎ  1本
茗荷  1個
大葉  1枚
薩摩本節の削節  少々

下準備

  • 茄子を1㎝角の細切りにする。 那須を切る
  • ささみは筋をとり細切りにする。
  • 細ねぎは小口に、大葉は千切りに、茗荷は縦半分に切り千切りにする。

作り方

  • 1.鍋に水、濃醇だしを入れ火にかけ沸騰直前に火を弱め、薄口しょう油、塩を加えかけつゆを作り冷ましておく。 濃醇だし かけつゆ
  • 2.フライパンに油を入れ熱し、茄子、ささみを入れ茄子がしんなりしてささみに火が通るまで炒め、かけつゆを大さじ1を入れ塩で味を整える。 炒める
  • 3.大きめの鍋に湯を沸かし、うどんを12分茹で、ザルにあけ冷水で洗いぬめりを取る。 うどんをゆでる うどんを洗う
  • 4.うどんを器に盛り、2)をのせ、かけつゆをそそぎ、薬味、削節をのせる。 完成

おまけのお話~【乾麺の袋の開け方】

乾麺の袋の上を切って開けてしまうと残った時、他の容器や保存袋に入れなければならなくなります。案外、丁度良い大きさの保存袋がなかったりします。開けるときに側面を少し斜めに切って取出し、使い終わったら横にくるくると巻いてテープや輪ゴムなどで止めておくと良いです。

袋の開け方

←「From Kitchen」の目次へ

福島利香

美味しく、やさしく、幸せに

食の研究所From Kitchen主催の福島利香です。

シンプルな食材と調味料で美味しいごはんをつくります。料理のコツも一緒にお伝えしていきたいと思います。

From Kitchen 毎日のやさしいごはん

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

※全て入力必須項目となっております

配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください

海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求
上へ戻る