海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピレシピ集おいしい歳時記

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

里芋のふくめ煮

 

 

里芋のふくめ煮

(2018年10月12日)

 

秋を感じ、お月様を愛でると次に思い出されるのは芋・栗・豆でしょうか。

今回は敷居が高いと思われがちな里芋のふくめ煮を手軽に作る方法をご紹介します。 最初から味をつけてゆっくり煮るので里芋のぬめりは出てきません。

仕上げの青ゆずと削り節でワンランクアップの味をお楽しみください。

 

 

材料

(作りやすい分量)

 

材料
里芋(1個50g位)  ・・・   10個
 ・・・   2カップ
だしパック  ・・・   1ケ
日本酒  ・・・   大さじ3
みりん  ・・・   大さじ3
淡口醤油  ・・・   大さじ1
青ゆず  ・・・   1個
とろける本枯節の削節  ・・・   適量

 

 

作り方

 



里芋をむく
1.

里芋は洗って泥を落として皮をむく。





炊きはじめ
2.

直径18cmの鍋に水・日本酒・みりん・淡口醤油を合わせ、里芋を加えて火にかける。





アクを取る
3.

煮立ったらアクを取り、



だしパック

だしパックを入れ、



落とし蓋でコトコト炊く

コトコト煮る位の弱火に落とし、落し蓋をして約20分ゆっくり里芋を炊く。





炊き上がり
4.

里芋に竹ぐしがスルッと刺されば煮あがり。火を止めてそのまま冷めるまで置いて味を含ませる。

できれば一晩置くと味がよくしみ込みます。





柚子をおろす
5.

青ゆずはおろし金で皮の青い部分のみを軽くすり下ろしておく。





完成
6.

里芋を再び温めて器に盛り、すりおろした青ゆずを振り、とろける本枯れ節を天盛る。





モッツアレラ鰹節
おまけ:

一口大のモッツアレラチーズにポン酢をかけてとろける本枯れ節もおすすめです。  



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

※全て入力必須項目となっております

配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください

上へ戻る