• 天然醸造味噌宮古天然若布・・・7月上旬から9月末まで、輸送時の品質劣化防止のため、取り扱いを休止します
  • 「ルート営業」として弊店で働いていただける方を募集してます。詳しくはこちらをご覧ください。

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピレシピ集おいしい歳時記

夏みかんとササミの酢の物

(2013年6月14日)

 

今年は梅雨入りがずいぶん早いですね。

季節がすすんで洋服が薄物になると体形が気になる今日この頃です。

そんな季節のお助けメニュー、ドレッシングに油の入るサラダではなく、

出汁を使ったこの酢の物は植物繊維たっぷり、私はかけ酢も残さず飲み干します。

夏みかんとササミの酢の物

材料

(2人分)

 

材料
 
夏みかん  ・・・   1/2個
糸寒天  ・・・   5グラム
まぐろ出汁  ・・・   大さじ2
 ・・・   大さじ1
淡口醤油  ・・・   小さじ1/2
クレソン  ・・・   1束
ササミ  ・・・   2本
茗荷  ・・・   1個
かけ酢  
まぐろ出汁  ・・・   大さじ3
・・・   大さじ2
淡口醤油  ・・・   小さじ1
砂糖  ・・・   小さじ1/2
塩・酒  ・・・   適量

作り方

 



夏みかん
1.

夏みかんは皮をむいて小房にわけ、一口大にする。





糸寒天
2.

糸寒天は水に10分ほど戻し、絞って5cm長さに切り、漬け汁に漬けて下味をつけておく。







クレソン
3.

クレソンは熱湯をかけて5cm長さに切る。





ササミを茹でる"
4.

ササミは小鍋に湯を沸かし、塩少々と酒を加え、ササミを入れ、再沸騰したら火を止め、フォイルでフタをしてそのまま10分置く。



ササミをさく



5.

ササミを割って中に火が通っているのを確認し、裂く。





茗荷
6.

茗荷は縦2つに切り、斜めに千切りにする。 





かけ酢
7.

かけ酢を合わせておく。





材料をあえる
8.

ボウルに夏みかん、糸寒天、クレソン、ササミ、茗荷を入れて混ぜ合わせ、かけ酢を加えてあえる。 



混ぜる

←「おいしい歳時記」の目次へ

おいしい歳時記

吉田 渉子

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。
南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

※全て入力必須項目となっております

配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください

海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求
上へ戻る