海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピ聴きだしの会 > 第二十七回 聴だしの会

第二十七回 聴きだしの会

「とろける本枯節の削節」を聴きだす(令和2年4月)

二十七回目の「聴きだしの会」にも、多彩なご感想を寄せていただきました。
「利きだし師」のみなさま、本当にありがとうございます。

とろける本枯節の削節

店主あいさつ

先ずは一般的な能書きをお聴きください。

一昨年の11月、とあるレストランで
ウエイターさんが

「 日本橋の◯◯◯◯の本枯節を
 0.01㎜に削りました 」

と言いながら、一升枡に入っている
削節を持ってきました。

「 0.01㎜はウソでしょ 」と思いながらも、
削節を一枚口に入れると・・・こりゃ旨い。

一瞬、削節がトロけたような
錯覚に陥ったのです
(実際は、トロけたりしないけど)


正直な話、食べる鰹節は
好みじゃなかったのですが

その別次元の食感なら
話がまったく違います

その時、弊店でも、限界まで
薄く削り、とろける食感の削節を
作ろうと心に決めて、出来上がった商品です。

弊店で販売している、薩摩背節と
薩摩腹節を0.01mm~0.02mm
に削りました。

口に入れると、とろけるような食感、
そして、芳醇な本枯節の旨味と
香りが口中に広がります。
(鰹節を削っただけですから、
 実際には、とろけませんが)

お陰様で、多くの方に
お買い上げいただき
高評価をいただいています。


とは言うものの・・・

まだ買われてない方も
多々いらっしゃいます。

そこで、今回の聴だしの会では

まだ、「とろける本枯節の削節」を
使っていただいた方に利きだし師をお願いし

「とろける本枯節の削節」を上にかける
お料理を作っていただき
そのご感想を、自由奔放に
レポートしていただきました。

 

ごめんなさい。いつもながら
前説が長くなりすぎました。

「利きだし師」の方々からのご感想を
参考にして、ご自分の お好みで
「とろける本枯節の削節」を
お使いいただけたら幸いです。

 

ではトップバッター、mayo さま
お願いします

第二十七回 「とろける本枯節の削節」聴きだし師のご感想

<< 聴きだしの会 目次へ

上へ戻る