• 天然醸造味噌宮古天然若布・・・7月上旬から9月末まで、輸送時の品質劣化防止のため、取り扱いを休止します
  • 「ルート営業」として弊店で働いていただける方を募集してます。詳しくはこちらをご覧ください。

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピレシピ集おいしい歳時記

百合根と舞茸ご飯

(2015年1月30日)

 

昨年の秋フランスに行き季節の香り高いきのこを堪能してきました。

先日乾舞茸を一晩水に戻し放しにしたらその時の香りの記憶がよみがえってきました。

早速この香りとうま味たっぷりの戻し汁でご飯を炊いてみたら大成功。

百合根を散らして季節のご飯に仕上げました。

百合根と舞茸ご飯

材料

(4人前)

 

材料
乾舞茸  ・・・   10g
鶏もも肉  ・・・   50g
 ・・・   2合
調味料  
日本酒  ・・・   大さじ1・1/2
淡口醤油  ・・・   大さじ1強
自然塩  ・・・   小さじ1/2
みりん  ・・・   大さじ1
昆布粉だし  ・・・   小さじ1/6
みつば  ・・・   適量
百合根  ・・・   1/3個分

作り方

 



舞茸を戻す
1.

乾舞茸は2カップの水で戻しておく。

できれば一晩かけてゆっくり戻してください。





米を洗う
2.

米は30分前に洗ってざるにあげておく。





舞茸を切る
3.

もどした舞茸はザクザクと荒いみじんに切りにし、戻し汁はとっておく。





鶏もも肉
4.

鶏もも肉は1cm角に切り、淡口醤油・酒各小さじ1/2(分量外)で下味をつける。





炊飯器
5.

炊飯器に2の米、3の舞茸の戻し汁、調味料を入れ、炊飯器の目盛に合わせて足りない分の水を足し、舞茸・鶏もも肉を加えてスイッチを入れる。





百合根
6.

百合根は大きい外側の鱗片を使う場合は一枚ずつ剥がして汚れを包丁で削り、1.5cm角に切る。

中の小さい鱗片は剥がしてそのまま用いる。





みつばを切る
7.

みつばはみじん切りする。





炊き上がり10分前
8.

舞茸ご飯が炊きあがる10分前に6の百合根を炊飯器に入れる。


百合根を入れる



完成
9.

舞茸ご飯が炊きあがったら茶碗に装い、切三つ葉を散らす。



←「おいしい歳時記」の目次へ

おいしい歳時記

吉田 渉子

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。
南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

※全て入力必須項目となっております

配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください

海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求
上へ戻る