海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピ鰹節屋のつぶやき >毎朝、摺漆のスプーンでギリシャ風ヨーグルトを食べてます

毎朝、摺漆のスプーンで

ギリシャ風ヨーグルトを食べてます

 

汁椀、飯椀、八角箸と漆製品を扱うようになったら、
どうしても漆のスプーンも使いたくなりました。
だって、スプーンを口に入れた瞬間の食感、いや触感は、
金属製より木製の方が、どう考えても心地よさそうじゃないですか。

そこで今年2月、京都の下出蒔絵司所を訪ねて、
下出先生に漆のスプーンの試作をお願いしたのです。

四月三日、スタイリッシュなスプーンが色違いで3点、届きました。 

 

京都の下出蒔絵司所より、摺漆のスプーンが色違いで3点届きました

 

早速手に持つと、軽い。
そして、スプーンを口に入れると、思った通り。

木のぬくもりが唇につたわり、口触りがなんとも心地良い。

さて、このスプーン、何を食べるのに使おうか?

竹製なので、スプーンの凹んでいる部分(専門用語で「つぼ」と呼ぶ)
は浅めだし、スタイリッシュなスプーンだけあって
「つぼ」の幅も3pくらいで小さめです。

だから、具がゴロゴロしているカレーやシチューには不向きっぽい。
雑炊、粥、スープ、はたまたチリコンカルネなんかを、
おしとやかに食べるにはちょうど良いかも、

なーんて思いを巡らしている時、頭に浮かんだ。

そうだ、毎朝食べている、ギリシャ風ヨーグルトを食べるのに使おう。

三年ほど前の人間ドックで、私、骨密度が低いと指摘されました。
まったくもって想定外。
それも、「骨粗鬆症にまっしぐら」的な指摘を受けて、
「エッー、なんで?」と心の中で叫んでしまった。

でも冷静に考えると、原因に心当たりがありました。

実は、私、牛乳が大嫌い。
だから、中学の給食が終了して以来、
牛乳を一滴も飲んだことないんです。

当然、ホワイトシチューの様な牛乳臭い料理も一切ダメ。

これじゃー、骨密度が低くなるのも必然です。

さすがに骨粗鬆症は、まっぴらごめん。
でも牛乳は、鉄砲を突きつけられても飲みたくない。
そこで、サプリメントを飲んだりしてました。

ある日、我が家の冷蔵庫にギリシャヨーグルトなるモノが鎮座していた。
カミさん曰く、「これなら牛乳っぽくないから食べられるかも」。

で、試しに食べたら、食べられた。


と言うか、その濃厚な味わいを旨い
とさえ思った。

 

偶然とは続くモノ。その時、数年前に、
だしとり鍋のメーカーさんである、新越ワークスさんに、
「水切りヨーグルトポット」なる商品をいただいたのを思い出した。

ヨーグルトを水切りすると、
クリーミーで濃厚な味わいのギリシャ風ヨーグルトに変身するのです。

以来、毎朝の食卓に水切りヨーグルトは欠かせない存在になった。
そして、骨密度が正常値に戻ったのですから、ヨーグルト様様であります。

てな訳で、毎朝、水切りヨーグルトを
スタイリッシュな摺漆のスプーンで優雅に食べてます。

小ぶりのスプーンにねっとりしたヨーグルトを
こんもり盛ると、大食いの私にも丁度一口サイズになる。

私の趣味やライフスタイルを押しつけるつもりは、
決してございませんが・・・

よろしければ、
漆のスプーンやギリシャ風ヨーグルトのある暮らし
をご体感くださいませ。

新しい、そして、新鮮な発見がありますから。

竹製摺漆匙
水切りヨーグルトポット

 

  中野 克彦
築地仲卸 伏高
 三代目店主