海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピ鰹節屋のつぶやき > 薩摩節の製造工程 籠立て

薩摩節(薩摩型本節)の製造工程

 

2.籠立て(かごだて)

 

籠立て1 「生切り」された鰹の身を金属製の籠の上に一つ一つ丁寧に並べる作業です。

 

籠立て2 単純な作業ですが、製造家は神経を使って並べています。

乱雑に鰹を並べると、反り返ったり、曲がった鰹節が出来上がってしまいます。


 

籠立て3 良質な鰹節を仕上げるには、このような作業でも手が抜けません。




 

「煮熟」へ進む

 

「生切り」に戻る