海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

フレッシュトマト素麺

 

 

フレッシュトマト素麺

(2004年7月9日)

 

七月七日は素麺の日だそうです。

平安時代、七月七日の七夕の節句にそうめん(索餅)をお供えする事が

法典に定められていたそうです。

何はともあれ、日本の蒸し暑い夏は冷たい素麺ですよね。
今月はトマトの爽やかな酸味でいただく、フレッシュトマト素麺をご紹介します。

素麺つゆ無しのトマトだれだけでも美味しくいただけます。
素麺つゆ入り、それとも無し、あなたはどちらもお好みでしょうか?

 

 

材料

(二人前)

 

材料
素麺つゆ:  
  水 ・・・  1+1/4カップ
  酒 ・・・  50cc
  味醂 ・・・  50cc
  濃口醤油 ・・・  大さじ1+1/2
  薄口醤油 ・・・  大さじ2
  昆布 ・・・  5g
  上粉 ・・・  10g
   
トマトだれ:  
  トマト ・・・  大2個
  サラダ油 ・・・  大さじ2
  塩 ・・・  小さじ1/3
  バジル または 大葉 ・・・  5枚
   
淡路素麺 中細 ・・・  4束

 

 

作り方

 



1. 鍋に素麺つゆの材料を全部入れて火にかける。

沸騰したらアクをとり弱火で5分ほど煮る。

ペーパータオルで漉し、冷蔵庫で充分冷やしておく。


絶対にガラガラと煮立てないで下さい。



2. トマトはヘタを下にして熱湯に10秒ほどつけて取り出し、 直ぐに冷水につける。





3. トマトは横に半分に切り皮をむく。

トマトを縦に切ると種が取り出し難くなります。



4. トマトの種を指先で全部とりだし、7ミリの角切りにする。

バジルは荒目のみじん切りにする。



5. ボールにトマト、塩を入れて軽く混ぜ、下味をつけてからサラダ油、バジルを加えてしっかり混ぜ、 冷蔵庫で冷やしておく。



6. 大きめの鍋にたっぷりの湯を湧かし、素麺をほぐしながらバラバラと入れ、箸ですばやくかき混ぜる。

再沸騰したら弱火にし、素麺が半透明になるまで2分ほど茹でる。



すばやく冷水に取り、流水にさらし、もみ洗いする。

最後にしっかりと水切りをして、器に盛る。



7. 十分に冷えたトマトだれの半量を小鉢に盛る。

好みの量の素麺汁を加え、そこに素麺をつけていただく。




 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

 
配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください