海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

汲みあげ湯葉

 

 

汲みあげ湯葉

(2005年6月10日)

 

京都の料理屋さんで食べた汲み上げ湯葉のおいしさが忘れられず、

何とか家庭で、手軽に食べられないものかと思っていました。

 

いろいろ試し、海藻から作られたパールアガーを使ってみたところ、

出汁とよくあい、自慢の一品に仕上がりました。

 

最後にわさびをのせて、夏のおもてなしにいかがでしょうか?

 

 

材料

(作りやすい分量)

 

材料
豆乳 ・・・  500cc
パールアガー ・・・  5g
上粉でとった出汁 ・・・  200cc
(はりはり雪見鍋参照)
薄口醤油 ・・・  大さじ1
パールアガー ・・・  3g
わさび ・・・  適宜

*  バールアガーは製菓材料を扱っているスーパー・小売店にて
手に入れる事ができます

 

 

作り方

 



1. なるべく直径の広い鍋に豆乳を入れ中火にかける。

油のついていないテフロンのフライパンが最適です。




2. 鍋の周りに細かい泡が立ち始めたら、弱火にする。

2〜3分後、表面が乾いて、湯葉ができるので、これを引き上げる。




3. これを5回程くりかえし、引き上げた湯葉は食べやすいように3センチに切る。




4. 鍋の火を止め、残りの豆乳約300ccにパールアガー5gを加え、よく混ぜ、ボールに移し、 3の切った湯葉を加え、冷蔵庫で冷やす。




5. 鍋に上粉でとった出汁200cc、薄口醤油大さじ1を入れて一煮立ちさせ、 パールアガー3gを加えて溶かし、ボールに移し、冷蔵庫に入れて冷やす。








6. 4の湯葉に濃度がつき、よく冷えたら器に盛り、



6の出汁をスプーンでくずして湯葉の上にかけ、わさびを添える。 

 



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

 
配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください