海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

鴨のロース

 

 

鴨のロース

(2012年12月14日)

 

いよいよ12月に入りましたね。

 

これからの一ヶ月は忘年会、クリスマス、そしてお正月の新年会

みんなで集う機会がぐっと増えますね。

 

そんな時にあらかじめ作り置きできる一品はとても重宝です。

日本酒にもワインにも合う鴨ロースは我家のおせち料理の定番です。

 

 

材料

(4人前 12〜3切れ)

 

材料
鴨ロース ・・・  1枚(300g)
合わせ地
 ・・・  180cc
 ・・・  180cc
濃口醤油 ・・・  大さじ4
淡口醤油 ・・・  大さじ2
砂糖 ・・・  20g

 

 

作り方

 



切れ目を入れる
1.

鴨ロース肉は冷蔵庫から出して皮に包丁で格子に切り目を入れ、室温に戻しておく。

 

焼いた時に余分な脂が出るように皮目に細かく切り目を入れます。

 

冷蔵庫から出してすぐ、鴨ロースが冷たいうちの方が切り目が入れやすいです。





合わせ地
2.

小鍋に合わせ地の材料を合わせ、一煮立ちさせてアルコール分をとばし、極弱火で保温しておく、蒸し器は温めておく。





鴨を焼く
3.

フライパンを火にかけ熱し、鴨ロースの皮を下にして置き、弱めの中火で皮がきつね色になるまで2〜3分ゆっくり、皮目の下の脂を出すように焼く。


ひっくり返して焼く



合わせ地を加える
4.

内寸14p位のボウルに3の鴨ロースを入れ、熱々の合わせ地を加え、鴨ロースが合わせ地から出ないように紙タオルをかぶせる。


ペーパータオルをかぶせる



蒸す
5.

蒸気の上がった蒸器に入れ、強火で8分蒸す。





別々に冷ます
6.

蒸し上がったらボウルを取り出し、火が入り過ぎないように、鴨肉を取り出し鴨肉と汁を別々に冷ます。





漬ける
7.

冷めたら合わせ地に戻し、一時間以上漬け込んで味をしみこませる。





完成
8.

鴨肉を取り出して7mm厚さに切り、器に盛る。



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

 
配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください