海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

トマトと卵のスープ

 

 

トマトと卵のスープ

(2012年1月6日)

 

寒い日が続きますね。今月は日伊合作のスープをご紹介します。

 

まぐろ・いわし・さばをよく使うイタリア料理は日本の出汁とよくあいます。

トマト味のかき玉汁で体の芯から温まってください。

 

 

材料

(2人前)

 

材料
玉ねぎ ・・・  1/2個
オリーブオイル ・・・  大さじ1
にんにく ・・・  1/2かけ
鯖出汁 ・・・  500cc
トマトソース ・・・  1/2C
自然塩 ・・・  小さじ1/3
白こしょう ・・・  少々
パメルジャーノレッジャーノチーズ
(すりおろす)
 ・・・  大さじ3
 ・・・  1個
イタリアンパセリ ・・・  少々

 

 

作り方

 



鯖出汁をとる
1.

鯖出汁:の材料

水 6カップ 昆布 10g 鯖荒節の削り節 25g

 

だしとり鍋にバスケットをセットし水、汚れを拭いた昆布を入れて火にかける。 15〜20分くらいで沸騰するくらいの中火の火加減でゆっくり加熱する。





鯖節をこす
2.

沸騰直前に火をとめ、鯖荒節を入れる。

 

菜箸で軽く押さえて鯖荒節を沈め、一呼吸おいてバスケットを引き上げ、菜箸でぎゅっと押して汁を絞る。





玉ねぎをスライス
3.

玉ねぎは皮をむいてスラスサーで薄切する。





玉ねぎを炒める
4.

厚手の鍋にオリーブオイル、皮をむいて包丁で叩いたにんにくを入れて弱火にかける。

 

にんにくの香りがしてきたら薄切した玉ねぎを加え、鍋の蓋をし、焦げないように時々かき混ぜながら約15分、玉ねぎがネトネトになるまで炒める。





鯖出汁を加える
5.

トマトソースを加え一度沸騰させ、鯖出汁を加えて塩コショウで味をととのえる。





溶き卵とチーズ
6.

ボウルに卵を割りほぐし、すりおろしたパルメジャーノレッジャーノを加えて混ぜ合わせる。





卵液を加える
7.

5のトマトスープを煮立たせ、卵液を糸状に少しずつ流し加える。





完成
8.

卵が固まって浮いてきたら火をとめ、器に盛り、きざんだイタリアンパセリを散らす。



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

 
配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください