海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

山椒・椎茸・昆布のつくだ煮

 

 

山椒・椎茸・昆布のつくだ煮

(2011年5月6日)

 

山椒好きの私は五月に入るとそわそわドキドキ、毎日八百屋さんの店頭に実山椒が並ぶ日を待ち続けます。

 

若くて柔らかい実山椒が出回るのはあっという間、この機会を逃さずに一年分の実山椒を仕込まねばなりません。

 

鰯と炊いたり、マヨネーズに混ぜたり柚子のオフシーズン我家の食卓で山椒は大活躍です。

 

 

材料

(作りやすい分量)

 

材料
乾椎茸(どんこ) ・・・  5枚
昆布
(真昆布30gでダシをとった後のモノ)
 ・・・  150g
実山椒 ・・・  20g
 ・・・  100cc
 ・・・  300cc
かつお荒節の粉だし ・・・  小さじ2/3
砂糖 ・・・  大さじ2
濃口醤油 ・・・  大さじ4
みりん ・・・  大さじ1

 

 

作り方

 



椎茸を干す
1.

乾椎茸(どんこ)を天日に30分〜1時間干し、一度水に10分漬けてほこり等の汚れを取り除き、新しく水を替えて一晩漬けてもどす。 





椎茸を切る
2.

戻した椎茸の石づきを取り除き5o厚さに切る。





昆布を切る
3.

昆布は3p角位の食べやすい大きさに切る。





実山椒
4.

実山椒はたっぷりの湯で7〜8分指でつぶれる硬さにゆで、水にさらす。





火にかける
5.

直径18pの鍋に酒・水・かつお粉だし・椎茸・昆布を入れて火にかける。





落とし蓋
6.

沸騰したらアクをとり、落し蓋をして弱火にし、しいたけ・昆布が柔らかくなるまで約20分煮る。

 

出汁をとった昆布の種類で煮る時間が異なります、途中水分が足りなくなったら水を適宜足して下さい。





実山椒を入れる
7.

水気をきった4の実山椒と砂糖を加え5分煮、





醤油を入れる
8.

濃口醤油大さじ3を加えて10分煮て、





煮上がり
9.

最後にみりん大さじ1・濃口醤油大さじ1を加えて煮上げる。



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

 
配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください