海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

くずきり

 

 

くずきり

(2008年5月16日)

 

風薫る五月 草木が日増しに色を深め、そよぐ風に若々しい緑の香りがします。

夏に向かう今が一番気持ちの良い季節ですね。

デザートにも冷たいものが欲しくなってくるのがこの頃。

 

沖縄産の黒砂糖で黒蜜を作っておくと寒天、ヨーグルト、アイスミルクティー

等にとっても便利です。

 

今回はちょっとオシャレにくずきりを紹介します、作ってみると以外に簡単! 

ぜひ挑戦してみてください。

 

先日のホームパーティーの最後にくずきりを出したところ、

甘い黒蜜と淡白なくずきりが口の中で冷たくからみ合って

ほろ酔い加減の喉につるりと入り込み "美味しい! 高級料亭に来たみたい♪"と

上戸の男性軍に大好評でしたよ。(笑)

 

 

材料

 

材料
黒蜜
波照間の純黒糖 ・・・  150g
白砂糖 ・・・  50g
 ・・・  200cc
 
くずきり
吉野葛 ・・・  100g
 ・・・  230cc

 

 

作り方

 



黒蜜
1.

鍋に黒砂糖、上白糖、水(200cc)を入れて中火にかける。

 

浮いてくるアクを取り除きながら中火で5分ほど煮る。

 

弱火に落とし、更に10分位煮詰め、よく冷しておく。





生地を混ぜる
2.

ボールに吉野葛と水(230cc)を入れて、よくまぜあわせ、一度漉す。





生地を流す
3.

ステンレスの型に2の生地を2〜3o厚さに流し入れる。





浮かべる
4.

大き目の鍋にたっぷりの湯を沸かし、
3の型を浮かべ、

 

 

 

浸け始め 生地の表面が固まったら、そのまま型を湯に浸け、型の中にも湯を入れ、

 

 

 

完全に浸ける 生地が透き通るまで20〜30秒ゆでる。(完全に浸ける)





はがす
5.

生地が透き通ったら引き上げ、型を水につけ、生地をはがす。





切る
6.

生地を1p幅に切る。





完成
7.

くずきりを器に盛り水をはり、別の器に入れた黒蜜を添える。



 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

 
配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください