海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    バックナンバーはこちら
  • カタログ請求
  • フェイスブック
荒川 晶充

工場長の独り言

 

 

by 削節工場長、荒川 晶充

 

 

201326

 

7月22日は土用の丑の日でした。

最近はウナギが高騰していて、なかなか食べられません。家の近くの鰻屋でも、鰻丼が2千円でした。

さて、伏高では「血合抜」と言う商品があり、丑の日にはよく売れます。

原料はマグロ節で、キハダマグロの幼魚が 原魚で作られていて、関東ではメジ、関西ではヨコワ、鹿児島ではシビと呼ばれています。 商品名の通り、血合いの部分が取り除いてあり、カツオ節より上品で、ダシ汁の色が薄いです。

主にお吸い物などで使われます。 かつおダシだと思っていたモノが、意外とマグロだったりするかもしれませんね。

 

 

目次にもどる