海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人さま、卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

    ※全て入力必須項目となっております

    配信先メールアドレス

    バックナンバーはこちら

  • カタログ請求

鰹節の伏高トップページ伏高コラム/レシピ鰹節屋のつぶやき >油っぽくない油、発見しました

油っぽくない油、発見しました

 

 

「中野さん、この油を一度使ってみてくれませんか」  

 

去年の春、友人から、こんなリクエストが届きました。
彼は食生活を見直すことで心と体のダイエットに
大成功した経験を持ち、以来、
「真っ当な食材で豊かな暮らし」を日々、実践している方。


そんな彼から紹介された油です、
二つ返事で「承知しました」であります。

ほうろく油
きれいな黄金色のこの菜種油は昔ながらの製法で作られている「油っぽくない菜種油」です

 

一週間後、私の手元に油が届いた。

でも「コレ、揚げ物に使ってください」
なんてカミさんに気軽に言える状況じゃなかった。
なぜなら、カミさん、面倒がって、
我が家では、揚げ物をほぼ作らなかったから。

 

確かに、台所は汚れるし、油は捨てなきゃならないし。
だから当時、揚げ物は外で食べるモノだった。

そんな時、救いの神が登場です。
揚げ物好きな婿殿(娘の亭主)が娘と一緒に、
近々、我が家に遊びに来るという。

カミさん、自分の亭主のためだけに
揚げ物を作る気なんて、さらさらないけれど、
婿殿、ひいては娘のためなら、まったく別の話。
で、このイベントに乗じて、春巻きを
作ってもらったのであります。

春巻き
すいません、コレは実際に食べた春巻きではありません

 

揚げたての春巻き、一口噛むと
サクッと抜群の食感です。

驚いたのは次の瞬間。

普通の春巻きだと、ここで、
じわーっと油っぽい感じが口中に広がるのですが、
皆無なんですよ。

皮と具材を一緒に口の中でもぐもぐしても、
油っぽさはまったく感じず、
すーっと喉を通ります。

実は、春巻きは私の大好物。
続けざまに2本食べてしまった。
お恥ずかしい話、その日、計8本食べて
しまったのですが、快適そのもの。
胸焼けなんか一切しませんでした。

後日、残った油を使って、自分で炒飯を作ってみた。

ちょっと作為的だったのですがフライパン
に油を多めに入れたのです。
すると、出来上がった炒飯は、
これまた油っぽく無く、実に旨かった。

以来、カミさんが、定期的に、
揚げ物を作ってくれるようになりました。

ありがたやありがたや。
外で食べる揚げ物よりも、家の揚げ物の方が、
ずうーっとずうーっと旨い。
ちなみに、この油なら、台所の汚れも少ないらしい。

ほうろく油屋
ほうろく屋さんは国産菜種を原料として、ほうろく釜と薪火による低温焙煎・圧搾一番搾り・湯洗い精製無し、 この工程で作り上げる、昔ながらの製法を忠実に守り、菜種油を作っています

 

てな訳で、油っぽくない油、
「ほうろく菜種油」の販売を開始します。

 

5月2日、ほうろく油の秘密を取材しに愛知県、
西尾市にある「ほうろく屋」さんを訪ねました。

ほうろく釜
ほうろく釜で菜種を80℃~85℃の低温で焙煎するから、油っぽくない油に仕上がります

 

油っぽくない最大の理由は、
効率では無く品質(おいしさ)を最優先した
昔ながらの製造工程
にあります。

 

、醤油、味噌海苔と同様、
伝統製法で作る油は、段違いに凄いのです。

 

「サラダ油は日本でしか作ってないらしい」

とか

原材料名は、なぜか同一」

など、油の世界ならではの
興味深い話も聞いてましたが、
これはまたの機会に。

ほうろく油 菜種油

 

ダマされたと思って、
一度、ほうろく油で揚げた揚げ物を
召し上がってください。

揚げ物に対するイメージ、常識が、
必ずや変わりますから。

 

 

築地仲卸 伏高 三代目店主 中野 克彦

 

上へ戻る