海のだしお試しセット

  • ご利用ガイド
  • プロの料理人の皆さまへ
  • 卸売りをご希望の方へ
  • メルマガ 鰹節屋の小咄

    食材にまつわる面白いお話、レシピの紹介、限定商品のご案内、「聴きだしの会」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます。

  • カタログ請求
  • フェイスブック

 

吉田 渉子

おいしい歳時記

弊店のかつお節を長らくご愛用いただいているお料理の先生、
吉田 渉子さんに、四季折々、季節の食材をつかったおいしいお料理を教えていただきます。

 

『おいしい歳時記』を担当させていただく吉田です。

南北に細長い日本は、郷土色も豊かで、その上おいしい水と、
四季おりおりの自然にも恵まれています。

だしさえ有ればあとは簡単。旬の食材で毎日の食卓をお楽しみ下さい。

 

するめいか大根

 

 

するめいか大根

(2006年1月13日)

 

寒い日が続きますね。こんなときは体が温まる献立がうれしいもの。

今月はするめの出汁で炊いた大根をご紹介します。

大根が風呂に浸かっているイメージで作っていただければ上手くいくと思います。

やさしい火加減でじっくり炊き上げてください。

 

 

材料

(作りやすい分量)

 

材料
大根 ・・・  2/3本
菜の花 ・・・  1/2束
柚子 ・・・  適宜
天日干するめ ・・・  1/2枚
昆布(ハガキ大) ・・・  1枚(20g)
かつお節 ・・・  5g
出汁パック ・・・  1枚
 ・・・  1/4カップ
味醂 ・・・  大さじ2
薄口醤油 ・・・  大さじ2

 

 

作り方

 



1. するめは1センチ角にはさみで切り、大きめの鍋に水7カップと切ったするめを入れ一晩置く。




2. 大根は3センチ厚さに切り、皮をむき、四つ割にする。




3. 鰹節は出汁パックに詰める。昆布は濡れ布巾でさっと拭いておく。




4. 1の鍋に大根、酒、みりんを入れ、昆布、出汁パックを加えて火にかける。




5. 沸騰したらアクをすくい、落とし蓋をし、弱火にして約1〜2時間煮る。

冬の大根は一時間も煮れば柔らかくなりますが、できればもう一時間、ゆっくり炊いて出汁の旨みを含ませてください。

落とし蓋は2〜3箇所に穴を開けたアルミフォイルが一番手軽で便利です。




6. 竹串がスーッと通るくらい柔らかくなったら、薄口醤油を加えて30分煮、火を止める。

直ぐに食べても結構ですが、できればそのまま冷めるまでおいて味を含ませて下さい。




7. 食べる直前に再び火にかけ、大根の煮汁が沸騰したら菜の花を加え、1分程煮る。




8. 器に大根、菜の花を盛り、柚子の千切りを添える。

 

「おいしい歳時記」の目次へ

 

お役に立つレシピをいち早くメールでお知らせします

四季折々のレシピ、食材にまつわる面白いお話、「聴だしの会」や「無添加煮干の入荷」のご案内など、折にふれメールを差し上げたいと存じます

 
配信先メールアドレス

メールの配信をお許しください